和チックな石貼り舗装で歩きやすくなった庭まわり 郡山市H様邸



和風なお家に、和チックに洗い出し仕上げと自然石乱張り舗装でアプローチを設けました。

目地切りにはILB(インターロッキングブロック)とタマリュウを用いました。


アプローチ
お庭に入ると石貼りの舗装が一番に目に入ります。

お家の雰囲気に合わせて和チックで重厚感のある石にしました。

とても落ち着いた雰囲気の庭まわりです。

和チックな石貼り舗装で歩きやすくなった庭まわり(郡山市-H様邸)
コンクリート・石貼り・洗い出し舗装です。

写真奥にはガーデニングスペースとして

擬木丸太の縁石で花壇を設けました。
和チックな石貼り舗装で歩きやすくなった庭まわり(郡山市-H様邸)
施工前。


芝生
玄関前は芝生です。

冬の間は茶色くなっていますが暖かくなってくるとまた緑が生きづき、

玄関前の雰囲気が変わってくるでしょう。

目地切りには、レンガとタマリュウポットをバランスよく組み合わせました。

緑が入ると雰囲気が柔らかくなりますね。


(樹木ミニ知識 第1弾) この施工実績で使用した樹木の特徴をちょこっとご紹介致します。

・タマリュウ・・・
常緑多年草でユリ科です。
草丈は8cm程度になり6月~7月頃に淡紫色の花を付けて、秋には青い種子をつけます。

・コウライ芝・・・
日本芝とも呼ばれる日本在来の芝の一つです。
もっともポピュラーに利用されている芝種で、芝質がきめ細かく、美しい芝生を作ります。冬にはかれて茶色くなってしまいます。

駐車場
カーポートのある駐車スペースです。

2台並列で停められるように拡大しました。
和チックな石貼り舗装で歩きやすくなった庭まわり(郡山市-H様邸)
施工前。


目隠し
建物裏には目隠しを兼ねてヤマボウシ・カクレミノ・シラカシ・モッコクを植栽しました。


(樹木ミニ知識 第2弾) この施工実績で使用した樹木の特徴をちょこっとご紹介致します。

・ヤマボウシ・・・
落葉中高木。白色の花を咲かせ、夏の終わりから秋にかけて赤く熟す果実は、そのまま食べたり、果実酒にされたりもします。

・カクレミノ・・・
常緑高木。日陰や潮風に優れた耐久力を持っています。葉の色は深めの緑です。夏に開花し、秋に果実ができます。

・シラカシ・・・
葉が楕円形で、全体がやや白っぽく見えます。そのため、生垣や目隠しに利用しても圧迫感がありません。

・モッコク・・・
常緑高木。潮風や大気汚染に耐えます。葉は表面に光沢があり、楕円形です。秋に赤づく果実を実らせます。